MFC三妻日記(仮)

サッカーチームMFC三妻の活動を綴っています。

トレーニングマッチ@鬼怒緑地

Sato@アフリカ出張中です。やー、相変わらず暑いすね。でも、茨城もいい天気で暑かったようですね。そして、そんな中、今日のMFC三妻は「エルマンダー」と「あしかび」と一緒にトレーニングマッチでした。

 

 今回は、高学年中心のAチームと低学年中心のBチームに分かれての試合。と言いつつAチームには3年生が混じってですが、そんなことを感じさせないぐらい頑張ってました。

 

f:id:MFC-Mitsuma:20190520210927j:plain

高学年中心のAチーム

 

Bチームは、3年生から保育園までが中心で、半数が今年サッカーを始めたばかり。最初はハーフコートを超えない状態だったようですが、後半は盛り返す場面も。入ったばかりの2年生たちもだんだんチームに馴染んでいるようですね。 頑張りました。

f:id:MFC-Mitsuma:20190520215214j:plain

さて、次はまた土曜日に試合ですね。残念ながら見に行けませんが、晴れるといいなあ。

JA共済CUP2019県西地区予選@古賀リバーフィールド

母の日ですね。と言いつつ、相変わらずサッカーネタです。

 

今日は、古賀リバーフィールドで行われたJA 共済CUPの県西地区予選に参加しました。年5回ぐらいある公式戦の一つで、高学年、低学年の2つのカテゴリーで行われるもの。MFC三妻は高学年カテゴリーのみに参加です。

以前にも書きましたが、今年のMFC三妻は6年、5年だけではチームができず、さらに主力の6年しょうちゃんが足の痛みのため参加できないという状況。ということで、今回は8人のスタメンのうち3年生が3人、ベンチも全て3年生。

f:id:MFC-Mitsuma:20190512201605j:plain

結果からいうと、2試合とも負けてしまい、得点もできませんでした。でも、明らかにサイズが一回り小さい3年生のFW陣が走り回り、それを高学年が必死にサポートしながら頑張りました。惜しい場面もあったし、強いチームと当たるのは、いい経験になったと思います。

f:id:MFC-Mitsuma:20190512202301j:plain

この後1年間、公式戦は後3回ほど、それ以外に交流戦、練習試合は数えないぐらい。きっと、これを糧にさらに成長してくれるでしょう。次は、悔し涙を嬉し涙に変えましょう。期待してます。

連休中も試合です。

今日は、天気が良かったですね。こんな日は木陰でのんびりお昼寝と行きたいところですが、MFC三妻の子供達は県西リーグの公式戦。元気にサッカーです。

 

連休中も子供達はサッカー漬け。27日夜と2日が練習試合。29日がバーモンドカップ。そして今日の公式戦。目一杯サッカーしてますね。タフだー。

 

とはいえ、休めないわけではなく、うちの子は知らずに入れた家族旅行で2回ほど欠席していますし、今日もMFC の守護神が所用のためお休みだったので、代わりのハルが急遽登板、活躍してましたよ。

 

今日の県西リーグはホームグラウンドの三妻小学校で。結果は残念ながら1敗1分。次頑張っていきましょう。

 

f:id:MFC-Mitsuma:20190503222832j:plain

今日はフレンドリーマッチで、Bチームの試合も行われました。上はBチームの開始前のコールの様子。4月から新しく入った子達も、頑張りました。しかし、なんというかスイミーのようにわらわらとボールに群がるのは、微笑ましい次第。

 

ただ、たまにAチームで活躍したりする3年生には、やや物足りないようです。いや、君たちも去年はそんな感じだったんだよー。

 

公式戦となると、審判も大変なようで、審判を担当された方も結構へばってました。前後半交代なしで主審をするので、なかなかの運動量だそうです。お疲れ様ー。

県西リーグ予選

今日は、三妻小学校でこれから開始される県西地区のリーグ戦(公式戦)のための予選会が開始されました。予選会の順位などで組み合わせなどが決まるようです。ということで結構重要な試合。

 

ただ、現在、主力だった去年までの6年生6人が抜けて、新6年、5年の層がやや薄いMFC三妻は、チーム再建中。まだ、各人のポジションへの理解も十分ではないので、かなり苦戦中です。どのチームもそうなのでしょうけどねー。きっと子供達には、前の6年生たちの存在が、頼れるお兄ちゃんとしてとっても大きかったのを身にしみて感じていることでしょう。

 

そんな状況なので、新3年生たちも試合に参加する機会が多いのですが、これはこれでいい経験として、彼、彼女たちの成長の糧になってるようです。

f:id:MFC-Mitsuma:20190414194934j:plain

ほんと、新3年に限らず眼を見張るほどの成長をしている子達が沢山います。しばらくは大変な時期が続くかもしれないけど、これを試練として一段の成長をしてくれることを期待しています。

 

そして、試合中に遊んでて、交代にだしてもらえなかった君たち。頑張らんと、追いつけなくなるぞー。

f:id:MFC-Mitsuma:20190414200614j:plain

みんな、頑張れー。

体験入団生増加中

先日、近隣の小学校、保育園に団員募集のビラを撒いた効果か、現在、続々と体験入団の子がやってきてます。今日は、年長さんから小学校4年生まで6人が練習に参加。楽しそうにサッカーしてました。

 

f:id:MFC-Mitsuma:20190411222840j:plain

練習後にコーチに礼(イメージ画像です)

今は、去年の6年生が抜けて若干人数が減ったので、低学年、高学年一緒の練習しか設定してないのですが、そろそろ低学年用のクラスを復活させないといけないかもしれませんね。

何はともあれ、一緒にサッカーできる人数が増えるのはいいことです。全員残ってくれるといいけど、どうでしょうかね。楽しみです。

セントラル交流会

昨日30日、31日と坂東市の緑のスポーツ公園にて行われたセントラル交流会に参加しました。あまり天気が良くない(今日はちょっとだけ晴れましたが)中でしたが、まあ、子供達は元気なこと。

f:id:MFC-Mitsuma:20190331222938j:plain

ただ、このサッカーコート、設備(フェンスやネット)がちゃんとしているだけに応援(特に写真撮影)がしにくいのですよね。頑張ったのですが、あまり撮れませんでした。

f:id:MFC-Mitsuma:20190331223147j:plain

みんなフェンスにかぶりつきで応援です。

この試合が卒団した6年生が参加する最後の試合、ということで、都合がつく6年生が参加しに来てくれました。ただ、彼らももう現5年生が主役なのを良くわかっていて、きっちりサポート役に回っていました。さすがです。

次からは、こんな心強い6年生のサポートもないのかと思うと、不安と寂しさが募りますが、ここは新しいチームとして頑張っていきましょう。

 

2018年度 団長杯

MFC三妻を卒業していく6年生を送る団長杯が開催されました。今年の6年生をは6人。それほど各学年の人数の多くないMFC三妻では、もっとも人数の多い学年の一つ。Sato は今年から関わったので、あまり知らなかったのですが、彼らは低学年からずっといっしょにプレーしていたわけでなく、遅い子は4年生の後半からだそうで。サッカーも上手だし、みんな本当に仲がいいので、てっきりみんな長くいっしょにサッカーをしてきたんだろうななんて思っていたのですが。後で出てくる団長杯の夜の部での親御さんからの一言でも、「もっと早く入っていたら良かったのに」との声が多く出ていました。とはいえ、団結力ではピカイチの学年です。

 さて、その団長杯、昼の部のメインは子供+大人のチーム3つと、大人のみのチーム2つの総当たり試合。日頃の運動不足が垣間見えるお父さん、お母さんに比べて、子供達の元気なこと。

f:id:MFC-Mitsuma:20190324091701j:plain

親兄弟もいっしょに子供達とプレーしました

 当然のごとく上位3チームは子供達中心の方。お昼のカレーを挟んで10試合。Satoは子供達とのチームにも大人のみのチームにも両方登録されていたので、楽しいを通り越してヘトヘトです。その後は5、6年混合チームと大人選抜チームの試合と景品をかけたPK的当て大会。MFC三妻を卒業した中学生、高校生が参加していたのですが、上手いし、早いし、で、子供達を余裕を持って圧倒してました。後何年かすると、今年の卒業生もこんな風になるのかなーと考えてしまいますね。

f:id:MFC-Mitsuma:20190324091347j:plain

団長杯表彰式、豪華商品が全員にプレゼント

夜の部は、お店をお借りして食事会。卒団生、在団生、コーチや親からのスピーチや記念品の交換、歌のプレゼントなど、盛りだくさん。企画を担当されたお父さん、お母さんは大変だったでしょうねえ。Satoは、ここ1年弱の撮りためた写真や動画クリップを利用して30分ぐらいのムービーを作成してお披露目。最後は卒団生から親御さんへのメッセージと、親御さんからの一言で締め。「ハグ」コールが出て、照れ臭そうにハグしてる子供達が可愛かったです。この後も月末までは試合も練習も参加してくれるようなので、これで最後ではないのですが、一抹の寂しさがありますね。

f:id:MFC-Mitsuma:20190324125346j:plain

みんな、卒団おめでとう。

 さて、新チームは彼らの穴を埋めるためにも、将来、彼らが気軽に遊びにくる場所を残すためにも、新入生勧誘をして、活発な強いMFC 三妻を維持していかなければなりませんね。頑張りましょう。